作成:2019-06-13 15:32   最終:2019-06-13 15:32

「柚緒駆」の執筆環境

著:柚緒駆(カクヨム / 小説家になろう / note


 消臭ビーズって水分が減って小さくなってるだけで、たいして消臭してないんじゃないの、みたいなしょうもない事ばかり考えてます。柚緒駆と申します。主になろうとカクヨムで、ときどきnoteで書いております。

 みなさん凄いですよね。さすがと言うか何と言うか、執筆環境読んでるだけで、「ほえ~っ」となる事なる事。

 私なんか自慢じゃないですけど、一太郎しか使ってませんからね。それも2017ですからね。

 プロットから執筆からプリントアウトまで全部一太郎です。何の参考にもならない事請け合い。

 だから実際のところ特に書く事もないんですが、何もないというのも寂しいので、何か書いてみました。

【ベッド】

 ベッドです。アマゾンで購入した、やっすいスチールパイプのベッド。え、執筆環境だぞって? ええ、執筆環境なんです。ベッドが。

 頭の所に飾り棚があるタイプで、その上にノートPCを置いて、布団の上に無線キーボードを置いて、寝転びながら書いてます。

 いや、一応机も椅子もデスクトップPCもあるんですが、そちらは主にバックアップと、プリンタを使うときにしか使っていません。

 執筆のほとんどの時間はベッドの上です。時間的には夕方から夜中にかけて。

 なので、とにかく眠るまで書き続けて、朝になってモニター画面を見たら空白スペースが延々と続いてたりとか、自分が書いた記憶のない謎の文章が書かれてあったりとかします。

 まあそれも一興です。

【スナック菓子】

 スナック菓子も結構大事ですね。

 執筆中は脳がとにかく糖質を要求します。何も食べないで書いてると、腹がグーグーギュルギュル鳴って執筆どころじゃなくなってしまいますし、翌朝起きたときの気分がもうこれ以上ないほど最悪なので、執筆を始める前にスナック菓子を腹に入れてからPCに向かうようにしています。

 本当の事を言うと、自分的にはチョコレートが一番体に合ってるんですが、いまチョコレートって高いじゃないですか。だからとりあえず、やっすいスナック菓子で我慢している昨今です。

 ちなみにいま食べているのはサッポロポテトで、近いうちにかっぱえびせんに移行する予定となっております。

【インターネット辞書】

 んん~? タクシーから「おりる」って、「下」だっけ「降」だっけ?

 みたいな事でよく悩みます。調子が良いときにはパッと思いつくんですが(「乗る」の反対ですから「降りる」ですよね)ちょっと調子が悪かったり疲れてたりすると、グルグル目ん玉になって文字や単語の意味や使い方が全然わからなくなってしまうのです。

 そんなときには、とにかくインターネット辞書で調べます。紙の辞書を引いてもいいんですが、やっぱり目の前のPCを使うのが手っ取り早いじゃないですか。

 一番アクセスしているのはコトバンクですかね。weblioかな。goo辞書もよく使ってます。何にせよ、これらがなければ今よりもっと書くのが遅くなるのは確実です。

コトバンク
https://kotobank.jp/

weblio
https://weblio.jp/

goo辞書
https://dictionary.goo.ne.jp/

【烏骨鶏と犬】

 うちは動物を山ほど(それは言い過ぎか)飼っているのですが、夜には同じベッドの上に烏骨鶏と犬が居ます。

 つまり執筆している大半の時間は彼らと一緒な訳です。もう何年もこの状態なので、これが当たり前になっています。

 でもいずれ彼らは居なくなるんですよねえ。そのとき私はどうするんでしょう。

 寂しくて何も書けなくなるんじゃないかと今から心配です。

小説の紹介

 最後に、いま書いている小説の紹介です。

案山子の帝王
https://ncode.syosetu.com/n8247fj/

 二日に一度くらいのペースで上げているのですが、もうすぐ終わる、もうすぐ終わる、と、ここ何ヶ月か言い続けております。

 そんなこんなで、特に読む所もなかったかもしれません。申し訳ない。こんなヤツですが、今後ともよろしくお願い致します。最後まで読んで頂いてありがとうございました。


柚緒駆

寄稿募集中。 現在の集中募集テーマは「執筆環境」「小説資料」です。

ランダム紹介

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 藤原キリヲ
概要 葦原牧人、藤宮薫、棗耕平、芥川なつめ、武田明彦――五人はそれぞれ自分なりに今を生きている青少年たちだ。彼らの出会いと、交流は毎日が楽しく、輝かしく、尊いものだったが、そうと解らぬ痛みや悩みも、振り返れば多分それなりにあった。悲喜交交の奇跡が織りなす、エセ青春グラフィティにして――僕ら五人の思い出話だ。
作成:2019-06-05 11:16
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 ササダナヲ
概要 二〇八三年、日本を襲った大地震によって、日本は未曽有の国難に陥る。夥しい犠牲、物資の不足、建物の倒壊…、法律は無価値に等しくなり、生きるための盗難や殺し合いが横行した。 六年が経ち、日本は少しずつ以前の形を取り戻していくものの、大災害が引き起こした爪痕は深く、復興は思うように進まない。富裕層で作られた中心区──「新東京」を除いて。 行き場を失った人々で溢れかえった郊外で、在間イチロウと、在間ジロウの兄弟は、互いを支え合い懸命に生きていた。 運命の分かれ道となった、六月七日、イチロウが元地質学者の老人から、ある異常な願いを聞くまでは…。 人間以下の獣社会が当たり前となった世の中で、人はどう生きていくのか。人の在り方、家族の絆を問う、衝撃の近未来SF。
作成:2019-06-10 00:22
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 雲居 残月
概要 ネットジャンキーの「光」は高校1年生。彼は三つ編み眼鏡のプログラマー「桜小路恵海」先輩に恋をして電脳部に入る。光はストーカーまがいのことをしながら、自作のエミペディアを更新する毎日を送る。ある日、光は電脳系のトラブル解決を依頼される。そして犯罪者蠢く闇のネット社会に、足を踏み入れることになる。
作成:2019-06-23 13:30

ピックアップ