作成:2019-07-10 13:55   最終:2019-07-10 13:55

――磯野! 宣伝しようぜ!――

著:柚緒駆(カクヨム / 小説家になろう / note


 矢久勝基さんの『ノベル…読んでもらおうよ』を読んで、何度も何度も首肯した。

「このような場所に集まっているのだから、仲間としてスクラムを組んで、皆がみなの利益を考えてみてもいいんじゃないだろうか」

 そう、その通り。何とかして全体の利益を考えたい。つまりは、この『ノベル読もうよ』を宣伝したい。このサイトの知名度が上がらない限り、凄い作家が何人集まっても、それだけでは意味を持たない。塵も積もれば山とはなるが、山は他にも沢山ある。まずはこの山を見つけてもらわないと始まらない。

 ただ、個人的にはいきなりYouTubeは敷居が高いように思う。まずYouTubeに動画が多すぎる。たとえば2~3分で良いので、ちゃんと鑑賞に堪えるレベルのアニメーションが作れるとか、有名声優に小説を朗読してもらえるとか、それくらいの目立った部分がないと、あっという間に埋もれてしまうのではないだろうか。もちろんそんな費用は、おそらくどこからも出せない。

 そもそも、小説と動画は相性が悪いとまでは言わないものの、ワンクッション、交流電流を直流にするかのような変換が必要になる。そのままの魅力を伝えるのには向いていないかも知れない……と書きながら、ふと思った。小説の書き方講座なら動画になるかも知れない。作品執筆中の画面をそのまま撮影して動画にするとか。何故ここをこう書き換えたのか、何故この単語を選んだのか、解説しながら書き進める動画。で、結局は誰がその動画を作成するのか、って事になる訳ですが。うーむ。

 やはりテキスト作品の魅力は、テキストで伝えるのが一番確実なのかな。いまもっとも巨大なテキストメディアと言えば、やはりGoogle。現代の世の中に「文字ばっかりだから小説は読まない」という人はいるけれど、「文字ばっかりだからGoogle検索は使わない」という人はまずいない。『小説』で検索して、この『ノベル読もうよ』が上位に表示されるようになれば、読者は無理なくストレスなく誘導され、アクセスは増加するはずだし、当然ここに登録している小説の露出も増える事になる。ではそのために出来る事は何か。

 一番簡単なのはGoogle広告を使う事だと思う。いまPCで『小説』と検索しても、検索結果の画面に広告はほぼ何も出ない。ここに広告が打てれば、目立つのは間違いない。ただこれもそうメチャクチャ高額ではないとは言え、無料ではない。賛同者全員から一人頭毎月100円くらいは集めないと、継続的に広告を出し続けるのは難しい。もちろん「年間1200円くらいなら出せるぞ」という人は多いかも知れないけれど、お金の価値は人によって違うので、あまり決めつけたくはない。だいたい一定額の寄付を集め続けるのって、かなり大変だ。これはこれで専門に考える人が必要なくらいには。

 ではそれ以外に何か方法はないか。考えてみたのだけれど、こういうのはどうだろう。まず、同人誌を作る。もちろん紙に印刷する訳ではないし、コミケで売る訳でもない。web上で同人誌を作れないものか。この『ノベル読もうよ』に登録されている作品は、ほとんどが長編小説だと思う。しかし短編やショートショートを書いた事のない長編作家も少ないのでは。書いたままHDDで眠っている作品とか、『小説家になろう』『カクヨム』などで放ったらかしになっている短い作品、それをかき集めて、そのそれぞれの作品の下に代表作へのリンクを埋め込んだweb同人誌。トップページにはもちろん『ノベル読もうよ』へのリンクを張って。

 で、その同人誌にヘンテコな名前を付ける。一度目にしたら忘れられないようなインパクトのある名前を。何にしよう。すぐには思いつかないけど、ここはみんなの知恵を集めて、とにかく印象に残る名前を付ける。仮に『やさぐれガシャドクロ』にするとなったら、各人がTwitterやFacebookで『やさぐれガシャドクロ参加作品』と記入して作品のアドレスを投稿する。ここで同人誌と書かないのがミソ。それを目にした人は「やさぐれガシャドクロって何ぞ?」となって検索し、『やさぐれガシャドクロ』へのアクセスが増え、それに引っ張られて『ノベル読もうよ』へのアクセスも増え、検索順位が上昇する……と、こんな簡単に行けば誰も苦労はしないのだけれど、一つの方向性としてはアリなんじゃないかと。

 まあ、より現実的に確実性を求めるのなら、同人誌を作ってなおかつGoogle広告を打つのが万全なのだろうなあ。同人誌って言っても要はホームページなので、Googleサイトとかそういう系統で作るか、fc2か忍者でスペースを借りて作るかも考えないといかんですね。「ホームページビルダー」のレベルで良いのなら、私持ってますから作りますけど。

「て言うか『ノベル読もうよ』の広告打てば解決じゃね?」

 という意見もあるかも知れない。確かに業界の人にリーチするだけで目的が達成出来るのなら、それが一番早くて確実。ただ業界の人とか、コアな小説好きとか、そういう人につながるのも間違いなく大切だけど、届くだけではなく、相手が一歩こちら側に踏み込んで来る事を期待するのなら、やっぱり『それ以外の人』を巻き込む必要があるのでは、と思うところ。

 繰り返しになるけど、この『ノベル読もうよ』の知名度が上がらないと、登録作品には日が当たらない。読まれるためには、まず知られないと始まらない。そのためのアイデアは多い方が良いと思う。もちろん船頭が多すぎて船が山に登るようでは困るけれど、その辺は柳井さんに託したいところ。何とか一つお願いします。

 えらい長文になってしまいましたが、とりあえず思った事を書いてみました。読んで頂いてありがとうございました。

 最期に自作の宣伝を。

「案山子の帝王」
https://ncode.syosetu.com/n8247fj/(小説家になろう)
 もうそろそろ終わりに向かうはずです。でもね、たぶん、きっと。


柚緒駆

寄稿募集中。 現在の集中募集テーマは「執筆環境」「小説資料」です。

ランダム紹介

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 牧野圭祐
概要 いまだ有人宇宙飛行が成功していなかった時代。ツィルニトラ共和国連邦の最高指導者は、人間をロケットで宇宙に送り込む計画を発令。その裏では、実験飛行に人間の身代わりとして吸血鬼を使う『ノスフェラトゥ計画』が進行していた。閉鎖都市で訓練に励む宇宙飛行士候補生のレフは、実験台に選ばれた吸血鬼の少女、イリナの監視係を命じられることになる。上層部のエゴや時代の波に翻弄されながらも、ふたりは命懸けで遙か宇宙を目指す。宇宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女が紡ぐ、宙と青春のコスモノーツグラフィティ。【既刊1~4巻】
作成:2019-06-04 19:13
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 大鴉八咫
概要 渋谷スクランブル交差点で発生した人食い横断歩道が人類滅亡の第一歩だった
作成:2019-06-12 18:14
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 留確惨
概要 自身をAIだと自覚しないまま世界に降り立った少女は傭兵を名乗る青年と運命の出会いをする。だがその青年は少女を育成するために送り込まれた工作員だった。
作成:2019-08-09 10:46

ピックアップ