作成:2019-05-25 01:45   最終:2019-05-25 01:45

サイトオープンの経緯

 私は2016年に『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で、文藝春秋から小説家としてデビューしました

書影

 松本清張賞の最終候補作の書籍化です。念願の商業作家デビューです。

 しかし出版社というものは、ベストセラーならともかく、1冊1冊の本を売るために大きな労力は掛けてくれません。新人作家というものは、特別な才能を持っているか、タイミングに恵まれなければ、人目にとまることなく埋もれていきます。

 そうした出版社が抱える様々な問題は、デビューから2年後に『#電書ハック』という電子書籍編集部を舞台にした小説でも触れました。この本には「出版社は、本と読者、作者と読者を繋ぐ存在だ」というメッセージを込めています。

 ――「本と読者」「作者と読者」をマッチングするには、どうすればよいか?

 そのことをデビュー以来考えています。


 デビュー当時に、少し時間を戻しましょう。私のデビュー作は「サイバーミステリ」と呼ばれるジャンルの小説でした。そのことから、このジャンルの先達である一田和樹さんがレビューを書いてくれました。その後、交流が始まり、「本と人のマッチング」について色々と話し合いました。

 私自身の経験、先達からの話、そうした知識が徐々に増えていくうちに、私は、出版社に頼らない「本を売ったり告知したりする仕組み」が必要だと考えるようになりました。

 デビューから数年経ち、2019年の5月に、私は「文学フリマ」に初めて出店しました。同人誌、商業誌を問わず、自著を直接売る「本の即売会」です。そして「文学フリマ」の目的を知りました。

「文学フリマ」は既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず〈文学〉を発表できる「場」を提供すること、作り手や読者が直接コミュニケートできる「場」をつくることを目的としたイベントです。

 文学に必要なのは「場」である。

 作家主導で情報を届ける「本と読者の距離を近付ける場」を作るべきだ。

 そうした「メディア」が必要だと考えるようになりました。

 「文学フリマ」の数日後、一田和樹さんのオフ会が、池袋のマダムシルクという店でありました。そこには、何人もの小説家の方々が参加していました。そこで私は時間をいただいてプレゼンをしました。出版社の抱える問題、作家に必要なもの、そうしたことを語ったあと、「新しいサイト」を開発しているという話をしました。それがこのサイトです。

 「本と読者」「作者と読者」を結びつけるための実験的なサイトです。商業小説、同人小説、Web小説問わずに、小説の宣伝を投稿できる「場」です。また、小説に関係する情報発信もできるようにしました。何が正解か分からない中での、手探りの「場」です。

 ――小説を書いたら、より多くの人に読んでもらいたい。

 それは、小説を書く人間の多くが望むことです。

 活動に賛同を表明してくれる人は、賛同者の投稿をおこない、ご連絡をいただければと思います。

 というわけで、まだ拙い試みですが、よろしくお願いします。


 今回の経緯は、サイト開発中に「note」でも書きました。


 私の近著『レトロゲームファクトリー』のリンクも張っておきます。是非読んで下さいね。

書影

 2019年5月25日 柳井政和

寄稿募集中。 現在の集中募集テーマは「執筆環境」「小説資料」です。

ランダム紹介

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 !  
作者 空廻ロジカ
概要 ひとりHしてたら異世界トリップ! イケメン四人から「姫」と呼ばれ愛を捧げられて!?
作成:2019-06-13 15:46
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 岡本七緒
概要 【宝島社文庫より発売中/イラスト・しのとうこ】幽霊・あやかし・神様の依頼だってこなします、怪異×お仕事×青春の物語!! 就職活動に失敗し、失意に沈む大学生・哉汰の前に現れたのは遺品整理の代行会社を経営する美女・東雲。「君には死者を救う素質があります! 」と哉汰は持ち前の超霊感体質に目を付けられ、彼女が経営する会社「日歿堂」にスカウトされる。初仕事は夫を亡くした老婦人の依頼による遺品整理。夫の葬儀後、彼の裏切りを知った老婦人は「旦那の物は全て処分してください」と断言し、死後離婚の決意を明かす。しかし哉汰たちの前には亡くなった依頼人の夫の霊が現れ、「離婚をなんとか回避してほしい!」と懇願されてしまう。両者からの真逆で厄介な依頼に頭を抱えつつも遺品整理を始めた哉汰だったが、屋敷には不穏な気配がうずまいており――――?
作成:2019-07-09 16:50
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 流々
概要 そこは魔道が重きをなす世界……。砂漠の奇跡と言われた、魔国ガルフバーン。ムーナクト湖に面する王都モスタディアには古から語り伝えられた秘密があった。ある目的のため、砂漠に建つ魔闘技場へと集められた四人の魔導士たち。そこで起きた不幸な殺人事件を引き金に、時は動き出す。幾多の者たちの思惑、情念、友情、打算、謀略、親愛が重なり合い、向かっていくのは魔の棲む岩山、ラガーンダイ。ガルフバーン《封印せし者たち》の終わりなき物語が始まる。
作成:2019-07-23 23:28

ピックアップ