作成:2019-05-25 02:24   最終:2019-05-29 13:15

お問い合わせ

 お問い合わせ、寄稿のお申し出、フィードバック、バグの連絡、執筆の依頼などは、下記宛てによろしくお願いします。

運営

 クロノス・クラウン合同会社の代表「柳井政和」が1人で運営しています。

 寄稿など、ご協力いただければ幸いです。

柳井政和について

 1975年福岡県北九州市生まれ。97年熊本大学理学部生物科学科卒業。ゲーム会社勤務を経て、現在クロノス・クラウン合同会社代表社員として、ゲームやアプリケーションの開発(*1)、プログラミング系技術書や記事の執筆をおこなう。

 著書に『マンガでわかるJavaScript』『プログラマのためのコードパズル~JavaScriptで挑むコードゴルフとアルゴリズム』など、技術書多数。

 2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて小説家デビュー。近著は新潮社刊『レトロゲームファクトリー』。

 小説のお仕事は、いつでも募集中です。


*1 2001年オンラインソフト大賞に入賞した「めもりーくりーなー」は、累計500万ダウンロード以上。

寄稿について

 本サイトでは寄稿を募集しています。掲載までの流れは、下記のようになります。

  1. 事前に管理者宛にメールで、「こういった内容の記事だが大丈夫か?」と問い合わせをいただく。
    • 書き起こしでなく、自サイトからの転載でも構いません。
    • 転載の際は、出典を明らかにして下さい。
  2. 管理者宛にメールで、原稿を送付する。
    • 原稿は「テキストファイル」で送る。
    • マークダウン形式だと、掲載作業が楽なので早く公開できる。もちろん普通のテキストファイルでもOK。
    • 画像などを挿入する場合は、画像も添付する。画像は、1ファイル500kb以内のものにする。1枚数MBのファイルを大量に送られると大変なので。
  3. 管理者が原稿を確認して、必要な場合は修正依頼を出します。
    • 「小説の紹介」と異なり、雑誌的な位置づけになります。
  4. ご寄稿いただいた原稿は「記事」として掲載します。

 記事は、以下のようなものを想定しています。

  • 小説執筆やジャンルなどに関する有用な記事。
    • ジャンル初心者向けの解説記事。
    • 執筆環境紹介。
    • 小説家へのアンケート。
  • 企画。
    • 個人が選ぶ年間賞、個人が運営する文学賞など。
    • 特定ジャンルの書き手による往復書簡。
    • 座談会の文字起こし。
  • 書評。
    • ただし、ポジティブなものに限る。ネガティブな内容は避ける。
    • サイトの性質上、販促や応援に繋がるものにする。

 原稿についてですが、柳井が一人で手弁当でおこなっているサイトなので原稿料や謝礼はございません。申し訳ございません。その代わり、記事内での自著の紹介を積極的におこなったり、本のアフィリエイトのリンクをおこなって下さい。

 宣伝や販売促進に役立てていただければと思います。

 運営費の捻出のために、ページによっては広告を貼ります。ご理解いただければと思います。

 また、もし広告を出したいという個人や法人がいれば、管理者宛にお問い合わせ下さい。

ランダム紹介

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 !  
作者 藤原キリヲ
概要 プチ文系でちょっぴりビッチ、イマドキだけど内向的な女子高生が失恋したり、恋愛したり、友情したり、人生とかについて色々考えたりする、私小説的ヨタ話。
作成:2019-06-01 10:38
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 柊つばさ
概要 英語と日本語対訳になった児童向けのファンタジーで、この物語はイギリスとイタリア・ローマを舞台にしたタイムトラベルのお話です。(日本語のみ掲載)
作成:2019-06-03 03:28
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 岡本七緒
概要 【宝島社文庫より発売中/イラスト・しのとうこ】幽霊・あやかし・神様の依頼だってこなします、怪異×お仕事×青春の物語!! 就職活動に失敗し、失意に沈む大学生・哉汰の前に現れたのは遺品整理の代行会社を経営する美女・東雲。「君には死者を救う素質があります! 」と哉汰は持ち前の超霊感体質に目を付けられ、彼女が経営する会社「日歿堂」にスカウトされる。初仕事は夫を亡くした老婦人の依頼による遺品整理。夫の葬儀後、彼の裏切りを知った老婦人は「旦那の物は全て処分してください」と断言し、死後離婚の決意を明かす。しかし哉汰たちの前には亡くなった依頼人の夫の霊が現れ、「離婚をなんとか回避してほしい!」と懇願されてしまう。両者からの真逆で厄介な依頼に頭を抱えつつも遺品整理を始めた哉汰だったが、屋敷には不穏な気配がうずまいており――――?
作成:2019-07-09 16:50

ピックアップ