作成:2019-06-03 22:20   最終:2019-06-13 22:03 本番 確認済

オールド・スパイダー


メイン画像
概要 孤独な老人、梓弘一郎はある日テレビの中から呼びかけられた。その若者は弘一郎を祖父の仇と呼ぶ。そして、巨大な昆虫人間の軍団を率いていた。若者こと蛾王と対峙する弘一郎。弘一郎もまた、蜘蛛の怪人へと変身する。年老いた弘一郎は蛾王になすすべがない。弘一郎はかつて、恋人を救うために改造手術を受けていた。昭和の罪は、平成を地獄へと導く。ハードバイオレンス・SF、オールド・スパイダー。
入手/閲覧可能場所 電子書店 37
本文

昭和の罪、平成の地獄。

あの巨大なバッタが、みつ子の幼く白い身体をうつぶせに組み敷いていた。
電柱のようなバッタの胴の先端は、みつ子の股の間に消えていた。
みつ子の顔は、墨で塗られたポスターのように、見えなかった。
頭が想像することを拒んでいた。

怪人を倒すために、怪人になった。

絶叫が喉を震わせる。
全身に、タワシのような毛が生えた。
きつく巻いた包帯を突き破り、肋骨から蟲の脚が現れた。
額の肉がうごめき、視界が六角形、八角形、十二角形になっていった。
犬歯がぐんぐん伸び、下唇を削った。
やがて、体の変化が止まった。力が全身に溢れている。初めての経験だった。
前を向いているはずなのに、左右と上が同時に見える。
手足の先は槍のように鋭く、それでいて繊細な感覚があった。
窓ガラスに、俺の姿が映った。
剛毛の生えた赤黒い皮膚。顔にある八つの眼。長い牙。脇腹から生えた八本の脚。
これが、俺か。

衝撃の事実。

「彼女は、母になる」
今まで喰らったどんな打撃より、脳を揺さぶられた。
みつ子が、あの幼い体で、母になる。
「そして、わたしが新たな世界の父だ」
朽木の引き笑いが、耳鳴りでよく聞こえなかった。
「……てめえ」
ため息のような声しか、出てこない。朽木の軽蔑しきった声が、上から降ってきた。
「さっき、彼女は非常に良かったと言っただろう? あれは彼女がわたしの夢を叶えてくれるというだけではない」
勝ち誇った顔で、朽木が俺を見下ろしている。
「味も非常に良かったよ」
窒息しそうなほど激しい引き笑いが溢れだす。頭の中が縮んで、ぱちんと焼き切れた。

恋人の運命は。

私はもう、弘一郎さんに会う資格はありません。
弘一郎さんに助けてもらった清い体は、汚されてしまいました。
バッタに抱えられて空に飛びあがったときに、私は意識を失いました。
眼を覚ましたとき、私は窓のない白い部屋の、病院にあるようなベッドの上で横になっていました。
私は悲鳴をあげました。丸眼鏡をかけた、ぞっとするような目の男が私を覗きこんでいたのです。
男は、朽木和仁、と名乗りました。話し方は丁寧でしたが、私を見る目は、理科の実験で解剖されるカエルを見るように好奇心で濁っていました。
突然、朽木が覆いかぶさってきました。
私は荒々しく服を剥ぎ取られ、弘一郎さんのことを思って精一杯抵抗しましたが、ついに――

50年後、燃え上がる東京。

炎に導かれるように、何万匹という巨大な蟲たちが空の果てから飛来した。
虫たちは地上に降り立つと、肉片、死体、生きている者を問わず、むさぼり始める。
爆発を生き延びた人々は逃げ惑うも、炎の壁に阻まれて東京の外に出ることはできなかった。
そして、背後には巨大な蟲がずらりと食事を待っている。
軽トラックのようなカタツムリに皮をかじり取られていく者。
畳のようなゴキブリにのしかかられ、飴のように舐め取られていく者。
ジガバチに噛み砕かれ、肉団子にされる者。
うちわのような蚊に管を突きこまれ、血を吸い取られて干からびる者。
川に跳びこんで逃げる者は、小型ボートのようなタガメが、ココナッツ・ジュースを飲むように血を吸い取った。
草食であるはずのバッタやウマオイも、美味しそうに人間をかじった。

人類の運命は、老いた怪人に託された。

前の作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 壱原優一
概要 アイドル×異能バトル! アイドルという言葉が、異能力でもって闘い競い合う者を指すようになった近未来。片や異能力を持たないが熱意だけは人一倍あるアイドル志望者、片や師の勧めでデビュー予定だがアイドルに全く興味のない武術の麒麟児。相反する二人の少女は出会い、一つの決闘の舞台へ昇り詰めていく。青春と挑戦の、異能格闘百合物語――開幕!
作成:2019-06-03 18:47

後の作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 矢久勝基
概要 重武装の輸送船に一人の魔女がかかわったことにより、世界が変わってしまう長編小説。
作成:2019-06-04 12:56

ランダムの作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 館山緑
概要 自分が恐怖を抱いているのは『ここ』だ。ヒヅメ坂だ──閉鎖的な集落に住む、引きこもりとなった少年が見た外界はいつの間に恐怖で埋め尽くされていた。クトゥルー神話をモチーフとした青春怪異譚。
作成:2019-06-01 10:57

ピックアップ