作成:2019-06-16 22:03   最終:2019-06-16 22:14 本番 確認済

あの日のきのう


メイン画像
概要 詩のような、小説のような、なにか。
入手/閲覧可能場所 Web 68
本文

詩のような、小説のような、なにか。

基本暗めなネガティブ系の物語。

学校に行けなくなった小学生(「友だち」)とか、ハッピーエンドが嫌いな作家(「ハッピーエンド」)とか、友人に自殺された男(「つもりはつもり」)とか。

詩だったり掌編だったり、救いがあるものもないものも、とりあえず企画物ではない自発の陰気なお話(ホラーとかミステリーとかではなく、ほんとうにただ『暗い』というお話)は、こちらにあげていきます。超不定期更新。

前の作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 坂井令和(れいな)
概要 前代未聞の手首サイコホラーミステリ
作成:2019-06-15 14:28

後の作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 小泉るか
概要 俺だよ俺!猫が喋った!? 29歳婚活中OLの玄関に突然現れた黒猫は、中学時代の同級生?「創作ではない本物の魔術と、その可能性とはなんぞや」を描写した、非常に珍しい作品。
作成:2019-06-18 12:55

ランダムの作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 瀬尾順
概要 ある暑い夏の夜。赤羽一希が立ち寄ったいつものコンビニは、非日常の光景へと一変していた。そこにあったのは、血の海に沈んだたくさんの死体と、その中心で泣きじゃくる黒髪の少女の姿。混乱する一希の前に、さらに武装した兵士達がやってくる。一希はリリスと名乗ったその少女を連れて夜の街を逃げ出すが、逃走空しく、リリスは連れ去られてしまう。――翌日。連れ去られたはずのリリスが、一希の学校に転入生として現れた。何事もなかったかのように過ぎる日常だが、リリスは何かを隠しているようで……!?「巻き込んでごめんね。あの時、一希があんまり優しかったから、私――」残酷な運命と対峙する疾走系ボーイ・ミーツ・ガール物語、開幕!
作成:2019-06-02 17:30
小説の紹介 新着

ピックアップ