作成:2019-06-16 22:03   最終:2019-06-16 22:14 本番 確認済

あの日のきのう


メイン画像
概要 詩のような、小説のような、なにか。
入手/閲覧可能場所 Web 65
本文

詩のような、小説のような、なにか。

基本暗めなネガティブ系の物語。

学校に行けなくなった小学生(「友だち」)とか、ハッピーエンドが嫌いな作家(「ハッピーエンド」)とか、友人に自殺された男(「つもりはつもり」)とか。

詩だったり掌編だったり、救いがあるものもないものも、とりあえず企画物ではない自発の陰気なお話(ホラーとかミステリーとかではなく、ほんとうにただ『暗い』というお話)は、こちらにあげていきます。超不定期更新。

前の作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 坂井令和(れいな)
概要 前代未聞の手首サイコホラーミステリ
作成:2019-06-15 14:28

後の作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 小泉るか
概要 俺だよ俺!猫が喋った!? 29歳婚活中OLの玄関に突然現れた黒猫は、中学時代の同級生?「創作ではない本物の魔術と、その可能性とはなんぞや」を描写した、非常に珍しい作品。
作成:2019-06-18 12:55

ランダムの作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 岡本七緒
概要 【宝島社文庫より発売中/イラスト・しのとうこ】幽霊・あやかし・神様の依頼だってこなします、怪異×お仕事×青春の物語!! 就職活動に失敗し、失意に沈む大学生・哉汰の前に現れたのは遺品整理の代行会社を経営する美女・東雲。「君には死者を救う素質があります! 」と哉汰は持ち前の超霊感体質に目を付けられ、彼女が経営する会社「日歿堂」にスカウトされる。初仕事は夫を亡くした老婦人の依頼による遺品整理。夫の葬儀後、彼の裏切りを知った老婦人は「旦那の物は全て処分してください」と断言し、死後離婚の決意を明かす。しかし哉汰たちの前には亡くなった依頼人の夫の霊が現れ、「離婚をなんとか回避してほしい!」と懇願されてしまう。両者からの真逆で厄介な依頼に頭を抱えつつも遺品整理を始めた哉汰だったが、屋敷には不穏な気配がうずまいており――――?
作成:2019-07-09 16:50

ピックアップ