作成:2019-07-23 23:28   最終:2019-07-23 23:35 本番 確認済

魔国ガルフバーン物語


メイン画像
概要 そこは魔道が重きをなす世界……。砂漠の奇跡と言われた、魔国ガルフバーン。ムーナクト湖に面する王都モスタディアには古から語り伝えられた秘密があった。ある目的のため、砂漠に建つ魔闘技場へと集められた四人の魔導士たち。そこで起きた不幸な殺人事件を引き金に、時は動き出す。幾多の者たちの思惑、情念、友情、打算、謀略、親愛が重なり合い、向かっていくのは魔の棲む岩山、ラガーンダイ。ガルフバーン《封印せし者たち》の終わりなき物語が始まる。
入手/閲覧可能場所 Web 62
本文

第一章 魔闘技場の殺人(全九話)

魔国ガルフバーンでは、四年に一度、最も優れた魔導士(メイガーン)を決める「メイガーン・ル・メイガーン」が開かれる。

この年、四行(しぎょう)となる地水火風をそれぞれ極めた四名が魔闘技場へと向かった。 そして決戦を翌日に控えた夜、一人の魔導士が殺される……。

第二章 王都モスタディアの六日間(全十話)

伝説のメイガーン・ル・メイガーンとして、魔国ガルフバーンでは知らぬ者がいないと言われている僧侶、ブリディフ。

彼が若かりし頃に王都モスタディアで過ごした、魔道闘技会の六日間をここに。

第三章 闇の蟲動(全九話予定)

執筆中。

登場人物 ※ネタバレあり

ブリディフ:僧侶。メイガーン・ル・メイガーンの称号を持つ魔導士

クウア:魔闘技場の世話係。空の魔導士

エクス:吟遊詩人。風の魔導士

ディカーン:王宮魔道軍 中佐。火の魔導士

アーサ:王立図書館 司書。地の魔導士

ウェン:後宮 女官。水の魔導士

ダーナス:闇の魔導士

カリナ:トゥードム出身の少女。後にクウアの母となる。

ヴァリダン:魔導士。カリナの父

ヤーフム:モスタディアの少年。

トニーゾ:ヤーフムの父。

ミロウ:ヤーフムの母

ギャラナ:魔闘技会に参加している魔導士。魔道王への野望を持つ。

影の者:? 

前の作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 流々
概要 TVのクイズ番組を見てると、つい一緒になって考えちゃいますよね。私は考えちゃいます。そんなあなたにピッタリなのがこれ! クスリと笑えて、ほっこりするライトミステリー。暗号謎解きIQも設定しています。あなたも一緒にLet's 謎解き!!
作成:2019-07-23 22:57

後の作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 半藤一夜
概要 サイバーセキュリティ小説コンテスト「マイクロソフト賞」受賞作品
作成:2019-07-27 11:42

ランダムの作品

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 ササダナヲ
概要 二〇八三年、日本を襲った大地震によって、日本は未曽有の国難に陥る。夥しい犠牲、物資の不足、建物の倒壊…、法律は無価値に等しくなり、生きるための盗難や殺し合いが横行した。 六年が経ち、日本は少しずつ以前の形を取り戻していくものの、大災害が引き起こした爪痕は深く、復興は思うように進まない。富裕層で作られた中心区──「新東京」を除いて。 行き場を失った人々で溢れかえった郊外で、在間イチロウと、在間ジロウの兄弟は、互いを支え合い懸命に生きていた。 運命の分かれ道となった、六月七日、イチロウが元地質学者の老人から、ある異常な願いを聞くまでは…。 人間以下の獣社会が当たり前となった世の中で、人はどう生きていくのか。人の在り方、家族の絆を問う、衝撃の近未来SF。
作成:2019-06-10 00:22

ピックアップ