作成:2019-08-05 23:01   最終:2019-08-05 23:01

画数ヒートマップ 1.0.0

 文字の画数を元にして、文字の背景色を変えるツールです。画数の多い文字は赤、少ない文字は水色になります。
 画数の多い文字(漢字の熟語)が密集すると、読みにくい文章になります。また、画数の少ない文字(ひらがなやカタカナ)がずっと続くと、これも読みにくい文章になります。適度に赤色と水色が混ざっている文章が、読みやすい文章です。小説を書く時など、文章が視覚的に読みやすくなっているかを確認したい場合に利用します。
 「画数閾値」の値を変えることで、色を付ける比率を変えることができます。「中間」の画数付近から赤色になります。また、「最小」以下の画数、「最大」以上の画数は、全て同じ色になります。

ドロップエリア
テキストエリア
画数閾値 最小 中間 最大
出力エリア

開発者:柳井政和

柳井政和の商業小説 是非読んで下さい。
『小説推敲補助ソフト「Novel Supporter」』で、さらに高度な推敲補助ができます。

開発履歴

2019-08-05 Ver 1.0.0 開発。

ランダム紹介

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 館山緑
概要 体が溶けて死んでしまう奇病、通称『メルト』が急に勃発した波南町にたった一人残された『わたし』は、絶望の中『もう一人』が存在していることを知る。滅亡した小さな町の中で起こるガールミーツボーイストーリー。
作成:2019-06-01 18:18
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 !  
作者 龍淵灯
概要 海のそばに、誰も近づかない家があった。そこには、ある家族が棲んでいる。誰も名前で呼ばない。「あの家」と呼ばれていた。嫁ぐ娘も入り婿もないのに、その家は子孫をつないでいた。家族の中で交わっているのだ。ここ西原に異動してきた中学校教師の春田は、かつて「あの家」の男が自分の娘の死体を犯すの目撃した。そして、担任となった暮らすには「あの家」の娘がいた。異様な外見のその少女は、蓑原六花という。忌まわしい悪夢の続きが、現実で始まる。
作成:2019-07-12 16:23
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 !  
作者 谷崎文音
概要 友人の紹介で知り合った男性と交際しているみずき。その彼・康平と恋人になって半年にもなるのにセックスはおろかキスもまだだった。それに不満を抱いていたある日、康平から同棲を持ちかけられた。そのためにはまず、両親へ挨拶したいと切り出され、みずきは頭を抱えてしまう。(セックスどころかキスもしてない男を、恋人として紹介できるわけないでしょうが!)そう言いたかったけれど、彼女はその言葉をぐっと飲み込んだ。そして、ついにみずきは思い切った行動に……。体にコンプレックスを抱いている二人が、それを乗り越えて結ばれるまでのお話です。
作成:2019-08-17 19:31

ピックアップ