作成:2019-08-26 22:07   最終:2019-08-26 22:07

小説の資料について

著:柚緒駆(カクヨム / 小説家になろう / note


 小説を書くときに、すべての情報が頭の中にあれば一番楽なのですが、そう上手く行かない場合が多々あります。この場合には他人の知識を借りねばなりません。さて、それをどこから持って来ましょう。知り合いに詳しい人がいるなら有り難いのですけれど、なかなかそんなラッキーな展開はありませんよね。ではどうするか。

 ググる。

 ……で、終わってしまう事が非常に多いのは事実。便利な世の中です。しかし、さすがに全部とは行かないのですね、これが。そういう場合、私はやはり紙の本です。結局のところ専門書籍に当たる事になります。具体的な線引きはないものの「このくらいならWikipediaにでも載ってるんじゃないか」程度の事は検索して済ませますし、検索した上で「これは専門書じゃないと無理かな」と思う事は書籍に当たる事になります。当たり前っちゃ当たり前なんですが。

 ただ、専門書に当たると言っても、「作品中にAを出すからAについて詳細を調べよう」というのは少ないように思います。どちらかと言えば、「Aについての本を読んだからAを作品中に出してやろう」と考える傾向が強いですね。なので、作品を書き始めてから資料を集める事はあんまりありません。手持ちの資料の中で書ける作品を考える方が性に合っているようです。貧乏性とも言いますが。

 もっとも例外は常にあって、作品の方向性が最初からドッシリ決まっている場合には、それに合わせて資料をドカンと集める事もあります。たとえば「ちゃんばら多角形(ポリゴン)」という、安土桃山時代を舞台にした作品を書いたときに資料として買った書籍は、こんな具合です。

  • 岸和田城物語
  • 決定版 図説日本刀大全
  • 新版 雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り
  • 中世民衆の世界
  • 南近畿の戦国時代
  • 戦国鉄砲・傭兵隊
  • 絵巻物に見る日本庶民生活誌
  • 上杉本洛中洛外図屏風を見る
  • 戦国時代の村の生活
  • 戦国ファッション図鑑
  • 中世の村のかたちと暮らし
  • 百姓から見た戦国大名
  • 戦国の作法

 などなど。他にもありますし、インターネット上の情報も当然目にしています。もちろん、これら書籍などから得た情報を、全部作品に投入する訳ではありません。そんな大変な事は出来ません。物語を作る上で都合の良いところだけをチョイスして、悪い言い方をすれば、上っ面だけすくい取って体裁を整える訳です。しかしジャンルによっては、体裁を整えるだけでも大量の情報が必要になります。作品を書く前に、そのジャンルではどの程度の資料が必要になるのかを検討すると、お財布に優しい創作活動が出来るかも知れません。

 とは言え、その本が欲しいと思ってしまったら、もう買っちゃうんですけどね。ちなみに最近買った、資料になりそうな本を並べてみます。

  • 鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集
  • 百本杭の首無死体: 泉斜汀幕末探偵奇譚集
  • 軍事学入門
  • キリン解剖記

 どれもまだ読んでいませんし、次に書く構想を練っているのは現代を舞台にしたミステリーか異世界ファンタジーなので(エラい幅がありますが)たぶんどの本も必要ないと思います。でも知っていて損はないはずです。何せ話の引き出しが増えます。あるいはキャラクターの作り方にも影響を与えるでしょう。それにもしかしたら、次の次に書く作品ではメインの資料になる可能性だってある訳ですから。

 事ほど左様に、私にとっての資料というのは、主に書く前の段階で必要とする書籍です。また、書籍から情報を抜き出して、自分が使いやすい資料集を作る事もあります。アナログというかアナクロというか、なかなかスマートには行きませんが、そういう段階を踏まないと、どうにも書けないのですよねえ。

 なお、これだけいろんな本に目を通しているのだから、さぞいろんな事に詳しいのだろう、と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、面白い事に資料として読み込んだ知識は、作品を書き上げると全部忘れてしまいます。ビックリするくらい、見事に頭の中から消え去ります。なので自分の作品を後で読み返して「よくこんなの書いたな」と思う事しばしばです。

 資料についてはこんなところでしょうか。何か本来の趣旨から外れているかも知れませんが、まあそこはご愛敬で。

 そんな訳で、最後に宣伝をば。

「強請り屋 悪魔の羽根顛末」
https://ncode.syosetu.com/n2899fc/

 この続編の「強請り屋 静寂のイカロス」が、先般のアルファポリス「第2回ホラー・ミステリー小説大賞」で、特別賞をいただきました。自分でも驚いております。ただ「悪魔の羽根顛末」も結構面白いと思いますので、またお時間がございましたらよろしくお願い致します。


柚緒駆

寄稿募集中。 現在の集中募集テーマは「執筆環境」「小説資料」です。

ランダム紹介

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 !  
作者 藤原キリヲ
概要 プチ文系でちょっぴりビッチ、イマドキだけど内向的な女子高生が失恋したり、恋愛したり、友情したり、人生とかについて色々考えたりする、私小説的ヨタ話。
作成:2019-06-01 10:38
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 東雲飛鶴
概要 神様、どうか猫又になる方法を教えてください。猫又になれば、人間に化けられるから。そうすれば、唯の側で守ってやれる――/一途な猫と、騙されやすい性格の女の子が織りなす、不思議な恋物語です。――『氷ノ山神社奇譚シリーズ』
作成:2019-07-10 18:53
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 小宮山 写勒
概要 魔術を使う部族、ヤクシャ。彼らが守護する不死の姫『死なずの君』の心臓を喰らうことで、不死の力が手に入る。自身の死期を悟った帝国の皇帝は、不死の力を手にするために、ヤクシャとの戦争に打って出る。魔術を駆使する彼らに手を焼くも、徐々に戦況は帝国有利に傾いてゆく。そんな状況の中、傭兵のノラン・ホーランドがヤクシャに捕縛される。ノランは殺されるものだと思い込んでいたが、ヤクシャは一向に彼を殺そうとしない。不思議に思っていると、ヤクシャたちはある提案を持ちかけてくる。『死なずの君』を逃がしてくれるようにと。
作成:2019-08-05 16:13

ピックアップ