作成:2019-06-30 11:53   最終:2019-06-30 11:53

ノベル…読んでもらおうよ

著:矢久勝基(小説家になろう


 この『ノベル読もうよ』というサイトは、如何にして自作品の認知度を広め、まぁぶっちゃけ、どう売っていくかということを柳井政和さんが提起しているサイトだ。
 そういう場に参加している以上、参加者も、ただ作品を並べるだけではなく、どうしたらそれが実現するかを考えていくべきなんじゃないかと私は考える。
 私自身は一アマチュア作家でしかなく何のカリスマもないから、私が旗を振ったとしても何の説得力もないだろうが、これが波紋となって自作品をどう広めていくかという具体的な方策を議論できる場所になってくれればと思い、筆をとってみる。
 これはひいては他のメディアに読者を奪われている小説というメディアをどう売っていくかというところにも及ぶ話だと思う。参加者が結託すればそれに近づくのであれば、価値のある議論となるのではないか。

 柳井さんはこのサイトの中で、『有名youtuberやVtuberに作品を紹介してもらえる機会があれば……』(※)と書いていらっしゃった。認知度を広めるという意味では非常に有効だと思うのだが、実際やってくれるかと言えば微妙となってしまう。

(※編集補足:本サイトの中ではなく『#電書ハック』の座談会にて出版社の売り方のひとつとして発言)

 断じて意見に対する批判ではなく、"今の状態では"ベストセラーの小説でもなければ先方さんにメリットがないと思わざるを得ないためだ。
 企業がタレントとしてVtuberを抱えているケースの場合、お金を払えばやってはくれるようだ。それでよければ広告宣伝費を払えばいいのだろうけど、基本貧乏人の小説家(失礼)に、個々でそれをやれというのは酷だろう。
 そこで、ここ(youtuberやVtuberと私達)をwinwinにする方法を考える必要がある。

 とりあえず、やれるかどうかを度外視にして、思うのは、この『ノベル読もうよ』でyoutubeのチャンネルを一つ作るというのはどうか。どうしても今の社会でyoutubeという存在が宣伝に欠かせないのであれば、考慮すべき方向ではあると思う。
 先日、私は試しに自作品のPV(プロモーションビデオ)を造ってみた。
 私には少しだけ動画を作成する知識がある。完全自己満足で内容は著作権に引っかかるのでお見せできないのが残念だが、音楽に合わせ、作品のハイライトとなるシーンをいくつか並べて、ほんの少しだけアニメーションしてできた四分間の作品。
 その説明で現状は想像していただくしかないのだが、まぁ音楽アーティストの作るプロモーション動画を小説でやったと言えば想像しやすいか。
 ……例えばこういうのを『ノベル読もうよ』というチームで作成していく。
 個々の作品では人が集まりづらくても、例えば作家Aに10人のファン、作家Bに10人のファンがいれば、20人は見てくれるかもしれない。そういうネットワークを構築することが、まずできる提案なのかなと思う。
 それでもし、チャンネル登録者が増えるようなことがあれば、その時初めて柳井さんの提案が活きてくるんじゃないか。

 労力もあれば動画を作る知識も要る。音楽や画像はフリーで探してこないと著作権問題が大きい。でも、ただ平べったく紹介するだけの動画では誰も見てくれない。
 実現は、簡単なことではないとは思う。
 私が言いたいのは『『ノベル読もうよ』のyoutube化を皆で推し進めていこう!!』というものではなく、『例えばこういう提案がある。では、自分の小説を広めることについて、どんな意見を持っているだろう』ということの参加者への波紋になれば……と思った次第だ。
 このような場所に集まっているのだから、仲間としてスクラムを組んで、皆がみなの利益を考えてみてもいいんじゃないだろうか。
 ぶっちゃけた話、私は今、間接的にではあるが、とあるVtuberに相談?できる場所にはいる。
 あちらにも利益になるコラボであれば話を持っていくことは可能ではある(やってくれるかは別)。だから、何かを言ってみれば、その提案がいつか大きな波紋を呼ぶかもしれない。

 ということで、差し出がましいが声を上げてみましたよと。
 私なんか出版社さんが全然振り向いてくれないから(笑)、どうやって自分で切り拓いていこうということばかり考えている。だって、小説家になりたいから。
 出版社さんをないがしろにしろということではない……ということは柳井さんがこのサイトに上げてる理念の通り。でも、その上で、私たち自身が考えていかなければならない部分もあるということも、柳井さんの言ってるとおりだと思う。

 繰り返し、矢久勝基などという一アマチュアが旗を振っても説得力はないとは思うが、何かが始まることを期待して……。


 そんな矢久勝基の作品にご興味があればこちら

矢久 勝基
https://mypage.syosetu.com/505329/

 『小説家になろう』にいくつか作品を置いてます。
 コメディ、ファンタジー、恋愛モノ、新撰組(←ジャンルかよ……)など、現在は完結までアップされてないものもありますが、だいぶおなかいっぱい読めると思います。
 なお、このサイトで紹介した『破戒の海』は第七回ネット小説大賞の一次選考に通過しています。

破戒の海
https://ncode.syosetu.com/n0109eo/

 そして、その物語や、矢久というアマチュア作家に可能性を見い出せる方がいらっしゃいましたら、是非ともご連絡いただければ幸いです。
 お仕事の依頼とか泣いて喜びますが、応援の一言でも、とてもとても励みになりますので、プロになりたいアマチュア作家の矢久勝基をどうぞよろしくお願い申し上げます。

寄稿募集中。 現在の集中募集テーマは「執筆環境」「小説資料」です。

ランダム紹介

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 !  
作者 谷崎文音
概要 母親から見合い話を持ち掛けられる度断り続けていた瑠衣。その理由は彼女の仕事のこともあるのだが、ビジネスパートナーであり別れた恋人でもある男のことがいつまでも忘れられなかったから。しかし、彼女は未練を誤魔化し続けて元恋人の一番近くに居続けたのだが、その元恋人の異変に気づいてしまったことから、それまで誤魔化し続けてきた未練と向き合うことに。彼女は自覚したばかりの未練を抱えたまま見合いが行われる地へ向かう。(6/14 21:00より連載中)
作成:2019-06-01 15:15
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 ササダナヲ
概要 二〇八三年、日本を襲った大地震によって、日本は未曽有の国難に陥る。夥しい犠牲、物資の不足、建物の倒壊…、法律は無価値に等しくなり、生きるための盗難や殺し合いが横行した。 六年が経ち、日本は少しずつ以前の形を取り戻していくものの、大災害が引き起こした爪痕は深く、復興は思うように進まない。富裕層で作られた中心区──「新東京」を除いて。 行き場を失った人々で溢れかえった郊外で、在間イチロウと、在間ジロウの兄弟は、互いを支え合い懸命に生きていた。 運命の分かれ道となった、六月七日、イチロウが元地質学者の老人から、ある異常な願いを聞くまでは…。 人間以下の獣社会が当たり前となった世の中で、人はどう生きていくのか。人の在り方、家族の絆を問う、衝撃の近未来SF。
作成:2019-06-10 00:22
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 Mikiko Miyakawa
概要 アメリカのアート系ウェブマガジン(購読者25万人)の選考を通って掲載されたクリスマス・ラブコメディ。平易な英文の短編です。
作成:2019-06-12 23:15

ピックアップ