作成:2019-06-30 11:53   最終:2019-06-30 11:53

ノベル…読んでもらおうよ

著:矢久勝基(小説家になろう


 この『ノベル読もうよ』というサイトは、如何にして自作品の認知度を広め、まぁぶっちゃけ、どう売っていくかということを柳井政和さんが提起しているサイトだ。
 そういう場に参加している以上、参加者も、ただ作品を並べるだけではなく、どうしたらそれが実現するかを考えていくべきなんじゃないかと私は考える。
 私自身は一アマチュア作家でしかなく何のカリスマもないから、私が旗を振ったとしても何の説得力もないだろうが、これが波紋となって自作品をどう広めていくかという具体的な方策を議論できる場所になってくれればと思い、筆をとってみる。
 これはひいては他のメディアに読者を奪われている小説というメディアをどう売っていくかというところにも及ぶ話だと思う。参加者が結託すればそれに近づくのであれば、価値のある議論となるのではないか。

 柳井さんはこのサイトの中で、『有名youtuberやVtuberに作品を紹介してもらえる機会があれば……』(※)と書いていらっしゃった。認知度を広めるという意味では非常に有効だと思うのだが、実際やってくれるかと言えば微妙となってしまう。

(※編集補足:本サイトの中ではなく『#電書ハック』の座談会にて出版社の売り方のひとつとして発言)

 断じて意見に対する批判ではなく、"今の状態では"ベストセラーの小説でもなければ先方さんにメリットがないと思わざるを得ないためだ。
 企業がタレントとしてVtuberを抱えているケースの場合、お金を払えばやってはくれるようだ。それでよければ広告宣伝費を払えばいいのだろうけど、基本貧乏人の小説家(失礼)に、個々でそれをやれというのは酷だろう。
 そこで、ここ(youtuberやVtuberと私達)をwinwinにする方法を考える必要がある。

 とりあえず、やれるかどうかを度外視にして、思うのは、この『ノベル読もうよ』でyoutubeのチャンネルを一つ作るというのはどうか。どうしても今の社会でyoutubeという存在が宣伝に欠かせないのであれば、考慮すべき方向ではあると思う。
 先日、私は試しに自作品のPV(プロモーションビデオ)を造ってみた。
 私には少しだけ動画を作成する知識がある。完全自己満足で内容は著作権に引っかかるのでお見せできないのが残念だが、音楽に合わせ、作品のハイライトとなるシーンをいくつか並べて、ほんの少しだけアニメーションしてできた四分間の作品。
 その説明で現状は想像していただくしかないのだが、まぁ音楽アーティストの作るプロモーション動画を小説でやったと言えば想像しやすいか。
 ……例えばこういうのを『ノベル読もうよ』というチームで作成していく。
 個々の作品では人が集まりづらくても、例えば作家Aに10人のファン、作家Bに10人のファンがいれば、20人は見てくれるかもしれない。そういうネットワークを構築することが、まずできる提案なのかなと思う。
 それでもし、チャンネル登録者が増えるようなことがあれば、その時初めて柳井さんの提案が活きてくるんじゃないか。

 労力もあれば動画を作る知識も要る。音楽や画像はフリーで探してこないと著作権問題が大きい。でも、ただ平べったく紹介するだけの動画では誰も見てくれない。
 実現は、簡単なことではないとは思う。
 私が言いたいのは『『ノベル読もうよ』のyoutube化を皆で推し進めていこう!!』というものではなく、『例えばこういう提案がある。では、自分の小説を広めることについて、どんな意見を持っているだろう』ということの参加者への波紋になれば……と思った次第だ。
 このような場所に集まっているのだから、仲間としてスクラムを組んで、皆がみなの利益を考えてみてもいいんじゃないだろうか。
 ぶっちゃけた話、私は今、間接的にではあるが、とあるVtuberに相談?できる場所にはいる。
 あちらにも利益になるコラボであれば話を持っていくことは可能ではある(やってくれるかは別)。だから、何かを言ってみれば、その提案がいつか大きな波紋を呼ぶかもしれない。

 ということで、差し出がましいが声を上げてみましたよと。
 私なんか出版社さんが全然振り向いてくれないから(笑)、どうやって自分で切り拓いていこうということばかり考えている。だって、小説家になりたいから。
 出版社さんをないがしろにしろということではない……ということは柳井さんがこのサイトに上げてる理念の通り。でも、その上で、私たち自身が考えていかなければならない部分もあるということも、柳井さんの言ってるとおりだと思う。

 繰り返し、矢久勝基などという一アマチュアが旗を振っても説得力はないとは思うが、何かが始まることを期待して……。


 そんな矢久勝基の作品にご興味があればこちら

矢久 勝基
https://mypage.syosetu.com/505329/

 『小説家になろう』にいくつか作品を置いてます。
 コメディ、ファンタジー、恋愛モノ、新撰組(←ジャンルかよ……)など、現在は完結までアップされてないものもありますが、だいぶおなかいっぱい読めると思います。
 なお、このサイトで紹介した『破戒の海』は第七回ネット小説大賞の一次選考に通過しています。

破戒の海
https://ncode.syosetu.com/n0109eo/

 そして、その物語や、矢久というアマチュア作家に可能性を見い出せる方がいらっしゃいましたら、是非ともご連絡いただければ幸いです。
 お仕事の依頼とか泣いて喜びますが、応援の一言でも、とてもとても励みになりますので、プロになりたいアマチュア作家の矢久勝基をどうぞよろしくお願い申し上げます。

寄稿募集中。 現在の集中募集テーマは「執筆環境」「小説資料」です。

ランダム紹介

投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 Juan.B
概要 全ての人間は混血である。しかし多くの日本人は自分が単一的であると思い込む。その中で単に国籍や文化の違いで混血・ハーフと呼ばれた者は今日も立ち尽くす。……某有名投稿サイトで削除されネットを流浪した末に破滅派に辿り着き多数読者を恐怖に陥れた「1988年10月」や、日本精神の体現者達との不毛な対決を描く「“誇り”高き人々」等の混血小説に加え、新作短編や資料、エセーを追加した、電子出版的テロル誕生。
作成:2019-06-02 02:47
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 瀬尾順
概要 ある暑い夏の夜。赤羽一希が立ち寄ったいつものコンビニは、非日常の光景へと一変していた。そこにあったのは、血の海に沈んだたくさんの死体と、その中心で泣きじゃくる黒髪の少女の姿。混乱する一希の前に、さらに武装した兵士達がやってくる。一希はリリスと名乗ったその少女を連れて夜の街を逃げ出すが、逃走空しく、リリスは連れ去られてしまう。――翌日。連れ去られたはずのリリスが、一希の学校に転入生として現れた。何事もなかったかのように過ぎる日常だが、リリスは何かを隠しているようで……!?「巻き込んでごめんね。あの時、一希があんまり優しかったから、私――」残酷な運命と対峙する疾走系ボーイ・ミーツ・ガール物語、開幕!
作成:2019-06-02 17:30
投稿状態 本番   確認状態 確認済   成人 -  
作者 楽李
概要 幼い頃より魔物と心を通わせることができる、冒険者のジョルシュ。 しかし彼は突然、親友であり勇者であるアラムからパーティ追放を言い渡される! 彼は何も身に覚えがないまま、仲間から見放されてしまう。途方に暮れた彼が出会ったのは、傷だらけのバジリスク、エリザベス。 魔物に未来はないというエリザベスに、ジョルシュはこう宣言した。「僕が魔王になります! あなたと、人間と魔族の楽園を作ればいいんです!」これは、魔王の手下と罵られた一人の魔物使いが、バジリスクの妻とともに魔王に成り上がり、楽園を作り上げていくストーリーである。
作成:2019-06-20 20:47

ピックアップ